子供の食生活が引き起こすもの

人の味覚は、生後2~3ヶ月頃の乳児期より形成されます。
このころからの味付け、偏食、アレルギー、肥満が
一生の嗜好を決めるとさえいわれます。

子供の肥満解消:赤ちゃん
◇近年の子供の食の傾向を見てみると・・・・・

子供の好きな食べ物には、ハンバーク、シチュー、カレーライス、
ハンバーガー、オムレツ等がありますが、
いずれも高カロリーの食べ物です。

飲み物では、ジュースや炭酸飲料を大量に飲む児童が増えています。

どうして子供の肥満はいけないのか

肥満それ自体は病気ではありませんが、
太りすぎると、肉体的にも精神的にも、いろいろな問題が生じてきます。

◇生活習慣病予備軍になる
  高血圧、脂肪肝、高脂血症、糖尿病など、
  生活習慣病の下地が子供の頃からすでにできはじめる。
子供の肥満予防・肥満解消:運動不足
◇肥満によって運動能力が低下する
  筋肉や骨へ、過剰な負担がかかる。
  学校で体育の授業についていけない。
  体を動かす遊びで、他の子供と一緒に遊べない。

小児肥満から発生する病気

子供の肥満はさまざまな病気を引き起こします。
病気の具体的な症状についてみてみましょう。

子供の肥満予防解消:病気
◇糖尿病
 摂取する糖分の量が多すぎると、糖が十分に燃焼されず、
 血液中の糖分が異常に高くなって糖尿病になります。
 血液の流れが悪くなり、心臓や腎臓、
 脳や目の網膜に異常を引き起こします。
 原因は糖分の多い偏った食生活と運動不足です。
 軽い糖尿病ならば、食事療法と運動療法で治すことが可能です。

Powered by Movable Type 3.31-ja Copyright(C) 2006 子供の肥満予防・解消の対策とレシピ Allrights reserved.