子供の肥満が増えてきたのはなぜ?

◇肥満になった原因
遺伝による場合もありますが、遺伝の影響は25%~30%で案外少なく、
過食、運動不足などの外的環境因子の影響のほうが多いようです。

1)第一の原因は食生活
子供の肥満予防解消:食べすぎ 大食い・早食い・ストレス食い・ながら食い
 夜食(寝る前2時間以内)・おやつ習慣・衝動食いなどで、
 不要なカロリーを摂取しています。
  
 また朝食を抜いたり、
 その反動でいっぺんにたくさん食べたり、
 不規則な食事も肥満の原因になります。

 甘いものやスナック菓子、清涼飲料水、ファーストフード大好き、
 インスタント食品に頼りすぎ、
 マヨネーズ、ドレッシングを大量にかけたり、野菜を食べなかったりは
 肥満を招きやすくなります。

2)第二は運動不足
子供の肥満予防解消:運動不足 
 平均摂取エネルギーはこの30年間、あまり変化していないのに、
 肥満が急激に増えているのは、運動不足のせいと考えられます。

3)都市型文化生活
 
 受験戦争等で、外で遊ぶ時間がなく、また場所もない。
 さらに以前はなかったテレビゲーム等、体を動かさない遊びが増え、
 家の手伝いもしないなどで、体を動かさない生活をしている。
 つまり、子供があまり体を動かさなくても
 生活できる環境になってしまっている。

近年は、住環境の悪化や子供を脅かす事件の多発から、
なかなか外で遊ばせられないという点もあげられます。
また体によくないと思っていても、コマーシャル等で煽られ、
どうしても子供の興味をひいてしまう場合もあります。

なかなか難しい問題もありますが、
肥満につながる習慣を、親が作り上げているということはないでしょうか?
子供の肥満予防解消:スナック菓子
◇スナック菓子を買いだめして、いつでも食べれる状況にしている。
◇親が無意識に「早く食べなさい」「残しちゃだめよ」などと言うことで、
 早食いや必要以上に食べる癖がついている。
◇外出時の食事を、手軽にファーストフードやお菓子ばかりで済ませている。
◇子供が喜ぶのをいいことに、
 子供の好きな高カロリーメニューばかりになっている。
◇子供がぐずるのをなだめたり、ごほうびとして食べ物を与えていた。

子供の肥満は親が作る・・・・といわれることもありますから、
心当たりのある方は、早速その習慣を改めましょう。
原因がわかれば、肥満を解消することも不可能ではありません。

Powered by Movable Type 3.31-ja Copyright(C) 2006 子供の肥満予防・解消の対策とレシピ Allrights reserved.