ご飯の威力

日本人はかつて、ご飯をたくさん食べていました。
それが食の欧米化に伴って糖質(でんぷん)の割合が激減し、脂質が急激に増えてきました。
現在では欧米諸国と似たバランスになっています。
これにより生活習慣病の発症が激増し、欧米諸国に近づいてしまいました。

一方、タイやフィリピンなどの東南アジアの国々は、日本の60年代のバランスを保っています。
糖質(デンプン)すなわち米をしっかり摂り、脂質の摂取が低いこれらアジアの国々では、
生活習慣病の発症が極端に低いのです。

子供の食を考える時にも、これはもちろん当てはまりますよね。
ただし、精米された白米では、逆効果。
白米はGI値が高く、血糖値が急上昇し、インシュリンの分泌も急激に促されます。
五分づき、七分づき、胚芽精米や、白米なら雑穀米を混ぜるなど、
お米の栄養分を損なわない状態で食べるのが大事です。

精白されていないご飯を適量食べること、そして食べ方にちょっと気をつけることによって
ダイエット効果につながり、生活習慣病の危険からも逃れることができるんですね。

食生活が子供の心に与える影響

子供の肥満の原因に食生活がありますが、
食生活は体の状態だけではなく、心の状態にも関係しています。
朝食抜きや糖分の摂り過ぎによる体調の悪化は、
脳や心理状態に影響を与えるのです。

カルシウムが不足すると、集中力が足りなくなります。

インシュリンが大量に分泌され、血糖値が下がってイライラします。

アドレナリンが大量に分泌されることで交感神経が刺激されて、
キレやすくなります。

Powered by Movable Type 3.31-ja Copyright(C) 2006 子供の肥満予防・解消の対策とレシピ Allrights reserved.